タイムスリップ映画の感想:白百合と青春

今日は、よい天気に戻ったところで、シネマへ行ってきました。
 
当地には、日本最大級の、イオンモール幕張新都心と並ぶショッピングセンター「イオンレイクタウン」があります。爺チャリで10数分のところです。
その中にあるイオンシネマです。
 
しばしば、いい映画と思えるときは、ジャンルを問わず、出かけます。昨日、掲載した「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」を観てきました。
 
現代の女子高生が、終戦直前の昭和20年にタイムスリップして、特攻隊員と相思の間柄になるものの、彼は、飛び立って行きます。
ふたりがしばしば訪ねた丘に一面に咲く白百合とともに・・・
見送った彼女は、現代に戻り、その特攻隊員が教師を希望していたと聞いたので、自分が教師への道を進むと、大学進学を目指すのでした。
とってもいい、涙があふれる映画でした。
 
写真は、靖国神社の境内に建つ特攻隊員の像です。

遊就館内の零戦(零式艦上戦闘機)です。戦後、発見された残骸の数機の機体から復元されたものだそうです。なぜ、零式と名付けられたのか・・・??
それは、当ブログで建国記念の日に、紀元2600年(昭和15年)のことを記しましたが、その末尾の00年から採用されたとのことです。

 
今日の名言:
 
何でも同じで、辛いと思った時、そこを踏み越えなければ勝てない。生理的にも精神的にもこうした訓練をやって、非常に辛い時にも、まだ余裕があるということを発見した
 
相手が何機であろうと、ある瞬間に自分を攻撃できるのは一機だけ。その瞬間さえ、かわしていけば何とかなる
 
部下への言葉: 「自爆なんぞ俺れが許さん! 右手がやられたなら左手で戦え。両手をやられたなら、口で操縦桿をくわえて、帰ってこい。最後まで絶対に諦めるな!
 
わがふるさと佐賀の坂井三郎(大正5年生まれ、平成12年没)の名言です。
坂井三郎: 大日本帝国海軍の戦闘機搭乗員(パイロット)で、敵機64機を撃墜して生還撃墜王の名をもつ。最終階級は海軍中尉。
著書『大空のサムライ』は世界的ベストセラーとなった。

この本はわが書棚にいまなお、あります。

綿雪とメジロとシネマ

東京都区内では、雪は降らなかったようですが、当地は、午前中、綿雪がしばらく降りました。
草木の芽出しの雨・雪ではありますが、シューズボックスの上の水槽のメダカが、このところ2匹、帰天しました。死魚は、つぎは花になれよと、花鉢へ・・・
 
あまりの水温の変動に耐えられなかったのかな。一部、居間の水槽に移しました。なにせ、メダカとはいえ、1匹千円以上の成魚ゆえ。
 
庭の餌台へはメジロが訪ねてきています。ときどき、椿の花蜜も吸っています。
明日は、晴れそうなので、洗濯をしたあと、イオンシネマへ行く予定です。
 
観たいのは、これ・・・
]
 
今日の名言:
 
心に太陽を持て 嵐が吹こうが、雪が降ろうが、天には雲 地には争いが絶えなかろうが 心に太陽を持て そうすりゃ何が来ようと平気じゃないか どんな暗い日だって それが明るくしてくれる Casar Flaischlen(ツェーザル・フライシュレン)(1864-1920、ドイツ) "Hab' Sonne im Herzen"(心に太陽を持て)
 

日経平均、史上最高値

一昨日は、関東は夏日だったというのに、当地は、昨日・今日は、手がかじかむ寒さです。
そんな中で、日経平均は、バブルの頃以来、史上最高値になりました。
戦後以来の日経平均は下記のとおりです。日本経済新聞社の記事からの転載です。
 
バブルを経験した身としては、先にも記したように、ある意味、ミニバブルですが、国民の所得も上がり(企業の業績もよくて今年は賃上げが期待できそうですね)、GDP世界第4位にふさわしい生活を謳歌できるといいですね。
 
小生は、株式投資・投資信託で、ぼちぼち稼いで?不自由しない生活ができて、わずかばかりながら、WFP(World Food Programme)と赤十字に寄付ができて、孫の(見届けられるか否かは神のみぞ知るですが、学生になる頃の)学資を積み立ててあげられれば、それで幸せです。
ということで、株式投資と投資信託で、無い頭を使っています。😁
 
新NISAも使っています。
これは、分散投資をしている投資信託の昨年1月からのトレンドです。
もちろん、1か月、3か月、6か月、1年のトータルリターン上位の銘柄です。おおむね、右肩上がりです。
クリックしていただければ、拡大表示できるのかな?

 
今日の名言:
 
いずれも、ウォーレン・バフェット(世界的に著名な投資家、経営者、慈善家)の名言です。
 
1.幸せと金は別物である。
 
2.「今はみじめだけど、これから10年間は素晴らしいものになる」などと考えて行動してはいけません。
あるいは、「今はこれだけしか稼げないけど将来はこの10倍稼げる」などと考えて行動してもいけません。
今、楽しめないものを今後10年間に楽しむことができるでしょうか?
たぶん、それは無理でしょう。 今、好きなことをやりなさい。

庭の花々 & 妻の帰天の日

関東では、今日は夏日の記録だそう。
当地も、夏日寸前の24℃まで上がりました。
庭の椿「春曙紅」もさらに開花して、満開も間近です。

盆梅の「見驚」も7分咲きです。

その名のとおり、大輪で、蕊が長いのが特徴です。

福寿草は、例年、春一番が吹くと開花しますが、今年は、少し遅れて咲きました。

放春花のボケの「あかね(茜)」も少しずつ開花しています。

こんな一日でしたが、今日は、愛妻の帰天の日です。
いつしか11年の歳月が流れました。
お互いにカトリック教徒なので、命日という概念はありません。
キリスト教では、死は、神のみもとに帰り、永遠のいのちにあずかることです。

 
今日の名言:
 
死者に対する最高の手向けは、悲しみではなく感謝だ。 ソーントン・ワイルダー(アメリカの劇作家)
 

安堵の喜び

今日、一番嬉しかったのは・・・
半世紀も昔、若かった新婚のふたりが当地へ都下から移り住んで以来のお付き合いで、当時、お隣さんだったお宅のご主人(いまは、卒寿の方)が行方不明でしたが、1日半ほどで無事見つかったことです。このところ、夜も暖かくなってきたのも幸いだったのかも。
 
いまは200mほど離れていますが、たまに出会うことがあり、認知症を発症されています。足腰は丈夫なので出かけて、帰り道がわからなくなられたのでしょう。無事に見つかって、こんなにも安堵したことは久しぶりでした。😆
 
10年ほど前にボランティアをしていた施設でも、自宅に帰りたいとか外に出かけるといつも言い張る方がいました。
施設では、内側からも暗証番号を知らないと玄関ドアが開かなくなっていましたが、戸建ての家では、外に出る戸や窓がいくつもあるので、これからどうされるのかなと案じています。
 
認知症は、(若年認知症もありますが)高齢になれば誰しも、かなりの高い確率でなる病です。他人ごとではないので、脳トレをしなくては・・・ まだ、こうして記事が書けているから大丈夫かな。😁
 
ところで、昨日は、e-Taxで確定申告をしました。株式投資の分は、儲かれば、証券会社のシステムで20%(NISA分は無税)自動的に引かれますが、昨年、故郷の実家を(母が百寿を越えて一昨年他界したので)売却して、その収入があったので申告した次第です。年金暮らしの身ゆえ久しぶりでしたが、パソコンとICカードリーダ ライタとマイナンバーカードを使って、半日がかりで終えました。あとは、預金口座から自動徴収されるだけです。
 
話題を変えて・・・
庭では先に掲載した盆栽のや地植えの椿が満開です。春蘭の花芽もかなり膨らんできました。チューリップほかいろいろな芽も伸びてきました。
晴れた日には、オキザリス(左:バーシーカラー、右:桃の輝き)が開いています。夜はねじり飴または傘のように閉じます。曇天には閉じたままです。
下の真っ赤な花は、ひと月前に載せたラナンキュラスです。まだ咲いていて、新しい花茎も伸びてきました。

「H3」ロケット打ち上げ成功!

H3」の初号機は、昨年3月に失敗しましたが、今回は成功して、積んでいた2基の人工衛星も無事、分離されました。👍👍👍
 
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の名がニュースで飛び交っていますが、JAXAは発注元で、業務は打ち上げの安全管理のみ、事実上の開発および打ち上げ関連業務のほとんどは三菱重工で、IHI(旧社名:石川島播磨重工業)も協力会社です。
それぞれの傘下には、ほかの大企業はじめ、中小企業、零細企業の卓越した技術に支えられています。
 
遠い昔、「H-IIA」の開発段階でしたが、超零細企業にもお鉢が回ってきて、打ち上げ寸前までのロケット内部の温度・圧力・流量などの制御を管制室との間で通信するシステムに携わったのは懐かしい思い出です。地球とロケットを母子に見立てて、アンビリカル・コントローラと呼んでいました。
アンビリカル: へその緒でつながれた
 
とある大企業を飛び出して、独立創業して7年後(1997年)に受注できた案件でした。
その後、「H-IIA」は2001年に初号機が打ち上げられました。これまでに48機打ち上げられて、6号機が失敗しましたが、成功率98%。あと2回打ち上げられて役目を終えて、「H3」に移行するそうです。
いやはや、20数年も活躍するものとは当時は、思ってもみませんでした。
なお、「H3」のこの成功は、「H-IIA」の初号機からは23年ぶりです。
これは「H-IIA」です。 

春一番

春一番・・・ 今日の関東は春一番が吹きました。
 
寒中暖ありで、このところ、記事も寒と暖が移り変わりです。
明日は一転、寒くなるそうな・・・
そのような時節でもありますね。
 
庭の椿の蕾が膨らんでいましたが、二、三日前から咲き始めました。
 
庭植えの椿は5種類ですが、その中で、一番の古株で、かれこれ半世紀にもなる「春曙紅」です。
その間には立ち退きを強いられ、移植することもありましたが、強くたくましく生き延びました。
 
その名は、清少納言の「枕草子」の”春はあけぼの”に由来しているそうです。
明治40年頃、埼玉・安行の皆川伊左衛門氏の作出といわれています。これも、安行で求めています。

 
俳句:
 
ひとつ咲く 酒中花は わが恋椿 石田波浪
笠へぽつとり椿だった 種田山頭火
 
目白二羽 椿の蕊で 嘴(くち)を染め 功雪(しらこばと)